iPhoneのiCloudフォトライブラリで同期できない不具合の解決法

icloudphoto6

我が家ではiCloudフォトライブラリで写真を一括管理しています。

僕や妻がiPhoneで撮影した写真やデジカメで撮った写真など約9万枚の写真の動画を登録して、iPhoneからでもMacからでも全ての写真を閲覧可能に。 巨大なデータ量(約500GB!)を持ち運んでいつでもどこでも見られる快適さ、そしてバックアップが自宅以外にあるという安心感もあり、もうiCloudフォトライブラリなしでは生きていけません。

ある日、iCloudフォトライブラリの同期ができなくなる

iPhoneの写真アプリの画面。「準備中」のまま同期が完了しません。iPhoneの写真アプリの画面。「準備中」のまま同期が完了しません。

そんな快適なiCloudフォトライブラリライフに暗雲が。 今まではiPhoneで写真を撮ったりMacの写真アプリに写真を追加すればすぐに他の端末にも写真が反映されていたのですが、

・写真の同期が何日たっても終わらない ・写真のiCloudへのアップロードはされるが、ダウンロードされない

というような不具合が発生。 いろいろ検索して調べてみても、あまり同じような症状が見つかりません。うーん、困った。

iPhoneの写真を空にしてフォトライブラリを再構築

いつまでたっても写真が同期されないので、思い切ってライブラリを真っさらにして再構築することにしました。 撮影した写真自体は全てiCloud上に保存されているので、iPhone端末内にある写真を消してしまっても問題ないということを利用した方法です。

※作業前にiPhoneのバックアップを取っておくことをおすすめします。

1 iPhoneのiCloudフォトライブラリをオフにする

「iCloudフォトライブラリ」をオフ「iCloudフォトライブラリ」のボタンをオフにすると、iCloudとの同期が解除されます。

設定のiCloudにある「iCloudフォトライブラリ」をオフにします。 しばらくするとiCloudとの同期が停止し、iPhone端末内に残っている写真以外は見られなくなります。

2 iPhoneをMacに接続、「イメージキャプチャ」を起動する

イメージキャプチャ iPhoneをMacに接続して、Macに標準で入っている写真管理アプリ「イメージキャプチャ」を起動します。 イメージキャプチャでは、iPhoneに入っている写真をダウンロードしたり削除したりできる便利アプリ。

イメージキャプチャの画面にiPhoneに入っている写真一覧が表示されます。 この写真を全選択し、削除ボタンを押して削除します。 これでiPhone内の写真は0枚。空っぽになりました。

3 iPhoneを再起動する

しなくても大丈夫かもしれませんが、念のためiPhoneを再起動します。

4 iPhoneのiCloudフォトライブラリをオンにする

iPhoneのiCloudフォトライブラリを再開させます。 設定のiCloudにある「iCloudフォトライブラリ」をオンにするとiCloudとの同期が始まります。 0枚だったiPhoneの写真に、次第に写真が追加されていきます。

  僕の場合、この方法でiCloudフォトライブラリの不調が解決しました。 もし同じような症状で悩んでいる人がいたら、ぜひこの方法をお試しください。

スポンサーリンク