読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝オープン&便利すぎて興奮!「Kindleストア」で電子書籍を買ってiPhoneで読んでみた

ついに日本でも10月25日からAmazon電子書籍サービス「Kindleストア」がオープンしました!

電子書籍リーダー「Kindle」端末自体の発売は11月ですが、「Kindleストア」の電子書籍自体はiPhoneiPadなど様々な端末で読むことができるので早速購入してみました。

超簡単!「Kindleストア」で本を購入

kindle1

まずは「Kindleストア」にアクセス。

小説だけでも10月25日時点で1万8000冊も用意されています。 「のぼうの城」「天地明察」 「清須会議」 などの話題作もラインナップ! 見てるだけでワクワクします。

kindle2

今回は、伊藤計劃さんの「虐殺器官」 を購入することにしてみました。 価格は書籍版の24%オフの571円。

いつものAmazonでの買い物と同様に、ワンクリックで購入することができます。 超簡単です。

買った本をiPhoneで読んでみる

kindle3

App Storeからダウンロードしておいた「Kindle」アプリを起動します。 メールアドレスとパスワードを求められるので、Amazonのアカウントを入力します。

kindle4

購入した本のダウンロードが始まりました!

kindle6

ダウンロード完了し、実際の書籍の画面がこちら。

iPhoneの画面がもともと綺麗というのもありますが、読みやすいです。 ページ送りももたつきなく、サクサク読めます。 電車や布団の中など、気軽に本が読めるというのは本当にありがたいです。

もちろんiPadでも読める

Kindleストア」で買った電子書籍は、スマートフォンタブレット、パソコンなど、自分が持っている様々な端末で読むことができます。 iPhoneで読んでいた続きをiPadで読む…ということもできちゃいますので、素晴らしくてめまいがします。

kindle7

こちらはiPad「Kindle」アプリ。 先ほど購入した「虐殺器官」がこちらにもすでに表示されています。すごい!

kindle8

本を開くと、先ほどのiPhoneで開いていたページが表示されました。

タブレットだと画面も広く、さらに読みやすい印象。 僕のiPadは初代のやつなので、Retinaディスプレイの新iPadが欲しくなっちゃいます。

Kindle」これはやばい!

日本でも「Kindleストア」がもうすぐ始まるらしい…もうすぐ始まるらしい…と言われて数年。 僕は、他の電子書籍サービスは使わずにひたすらKindleストアのオープンを待ってきました。

とにかくとにかく、日本の「Kindleストア」は待たせただけあって書籍の充実っぷりは素晴らしいです。 そして、購入の手続きがおそろしく簡単なので、欲しい物が瞬時に手に入る快感は鼻血モノです。 調子に乗っていろいろ買ってしまいそうです。

全ての書籍で冒頭部分の無料試し読みができるので、 「Kindleってどんなもの? よくわからない…」 という人も、まずは無料でKindle体験してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク