映画

2016年に見た映画ベスト10&ワースト3

2016年は映画館やDVDで30本くらい映画を見たのですが、その中からベスト10とワースト3をまとめました。 ベスト10 10位「シビル・ウォー」 空港のバトルがピーク(これだけで料金以上の価値あり)かと思ったら、ラストの展開に興奮。荒唐無稽なことも、ここまで…

現代の技術が邪魔をする、「君の名は。」で感じまくった3つの違和感(ネタバレ)

超絶遅ればせながら、「男の子と女の子が入れ替わる話らしい」という情報しか入ってない状態で鑑賞しました。 結論としてはおもしろかった! 最初から最後まで目が離せなく、胸モミで毎回笑い、手のひらのシーンはいい歳こいて泣きそうに。 でも、どうしても…

後半涙が止まらない! バランスが悪すぎる大傑作「ローグ・ワン」

「スターウォーズ」はエピソード7まで全部見ているので期待して鑑賞しました。 前半の印象は最悪。 スピンオフだからしょうがないけど、全く知らない親しみのない登場人物や用語がわんさか登場してくるので追いかけるだけで精一杯。眠くなりかける。 ドロイ…

綾瀬はるかも長澤まさみも夏帆もすごい、でもさらにそれを超越する広瀬すずの存在感「海街diary」

原作は未読。ストーリーも全然知らない状態で見ました。 見る前は「確かにこの4人は美人だけど、姉妹というには全然似てないよなー」と思っていたのに、実際に映画を見るとこれがもう驚くほどの姉妹感。顔は似ていなくても演技で「姉妹である」ことを表現で…

ここまでエンディングがすごい映画を見たことない!「22ジャンプ・ストリート」

高校の麻薬捜査のために警官コンビが高校生になって潜入する「21ジャンプ・ストリート」の続編。 大傑作アニメ「くもりときどきミートボール」、2014年の個人的ナンバー1「LEGOムービー」の監督フィル・ロード&クリストファー・ミラーが続投だったので期待…

築き上げた信頼が崩れ去るのを見た「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」

我が家ではオモチャとしての妖怪ウォッチのブームは去りましたが、アニメは引き続き見ているので鑑賞。 「エンマ大王と5つの物語だニャン!」は5つのストーリーで構成されていると知ってイメージしたのが「ドラゴンクエスト4」。それぞれの話の主役たちが最…

2015年に見た映画ベスト10&ワースト3

2015年に僕が見た映画のベストとワーストをまとめました。 海外ドラマに夢中で本数が減りがちでしたが、当たり作品の多い年でした。今後も繰り返し見たい映画ばかりです。 2015年ベスト映画 第1位「インサイド・ヘッド」 最初から最後まで泣きまくり。記憶の…

主役が違うことに最後まで気が付かなかった「キングスマン」

2015年の年末に駆け込みで「キングスマン」見ました。 マシュー・ヴォーン監督好きだし、アクションかっこいいし、敵も味方もキャラ立ちまくりで最高! …だったのですが少し期待はずれでした。 あらすじ https://www.youtube.com/watch?v=ohOnGe6Cha8 ロンド…

BB-8かわいい!主役のバトンタッチに大成功した「スターウォーズ フォースの覚醒」

「スターウォーズ フォースの覚醒」見に行ってきました。 エピソード4・5・6は子供だったのでリアルタイムでは見られなくて、97年の特別編とエピソード1・2・3は劇場で見たくらいのスターウォーズ好きです。予告編もあまり見ず、できるだけ情報を遮断して行…

コンピューターがない時代に世界最強の暗号に挑む! 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」の感想

あらすじ https://www.youtube.com/watch?v=Lzd7MAd0J5A 第2次世界大戦下の1939年イギリス、若き天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号エニグマを解読するチームの一員となる。高慢で不器用な彼は暗号解読をゲー…

ゾーッ! 既婚男性が震え上がる恐怖映画「ゴーン・ガール」

フィンチャー最高! 結婚している男性なら間違いなくゾッとする恐怖映画でした…。 ラストまで目が離せないおもしろさだったけど怖い。怖すぎる。勘弁してよ…。 ※この映画のストーリーがネタバレを回避できない作りなので、ネタバレまくりです。 あらすじ 結…

なぜ映画料金はどの映画館も1,800円なの? 割引サービスをうまく使おう

少し前ですが、TOHOシネマズの一部で「スター・ウォーズ」最新作の映画料金を通常の1,800円より200円高い2,000円にすると発表して話題になりました。 「スター・ウォーズ」を全国60余りの映画館で上映する「TOHOシネマズ」は、東京と大阪、それに兵庫…

【フォースの覚醒 公開記念】「スター・ウォーズ」の邦題で15年間ずっと気になっていること

旧3部作公開時はまだ子供だったので劇場では見られなかったのですが、新3部作は劇場で見たくらいのスター・ウォーズ好きです。12月公開の最新作「フォースの覚醒」も間違いなく見に行きます。 そんな僕が、ここ15年くらい日本の「スター・ウォーズ」で気にな…

ユニクロのスターウォーズブランケットを買ったらシークレット消しゴムが手に入った話

「スター・ウォーズ」新3部作の時にいろいろ買いまくって懲りたので「もうスターウォーズグッズには手を出さない」と固く誓っていたのですが、新作公開前の怒涛の商品ラッシュを見ているとムズムズ。 ついにグッズを買ってしまいました。 ユニクロのスターウ…

あなたが知らない「モンスターズ・インク」8つのトリビア

米ディズニーの公式ブログに「8 Things You Didn’t Know About Monsters, Inc.」という記事があっておもしろかったのでメモ。 日本語に訳すと「あなたが知らない『モンスターズ・インク』8つのトリビア」でしょうか? 1 ランドールのアシスタントの声は伝説…

渋谷シネマライズ閉館、8つの映画を当時の日記で振り返る

先日、渋谷の単館系映画館シネマライズが2016年に閉館というニュースがありました。 渋谷シネマライズ、16年正月上映をもって閉館 最近は全然行っていなかったのですが、90年代後半から2000年前半はよく行っていた思い出の場所だったのでショックです。 あま…

「アーロと少年」「ファインディング・ドリー」など2019年までのピクサー映画公開スケジュールが決定

みんな大好きピクサーの公式Twitterから、今後の新作の公開スケジュールが発表されました! 「ファインディング・ドリー」「トイ・ストーリー4」など2019年までに6作品の公開が予定されています。 今まで出ている情報を元に、公開順に作品をまとめました。 h…

2015年10月21日は「バック・トゥ・ザ・フューチャーpart2」の日

今日から2015年10月がスタート。 僕は、何年も、いや何十年も前から、ずっとこの10月が来るのをまっていました。 2015年は「バック・トゥ・ザ・フューチャーpart2」の未来 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーpart2」。 超有名映画なので説明の必要はない…

映画「紙の月」 / 応援できない主人公とラストの蛇足

原作は未読。 銀行で働いている平凡な主婦・梨花(宮沢りえ)が、ふとしたきっかけで年下の大学生にハマり、銀行のお金を横領して貢ぎまくる話。 1994〜1995年が舞台なので、劇中でMacintosh Performaが登場したのにはテンション上がりました。あれ、自分が…

「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」トムの笑顔しか残らない記憶消去映画

トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシブル」シリーズ5作目。 このシリーズっていつも、 めちゃめちゃすごい予告編を見る。 ↓ すごい! 見たい! ↓ 見る。 ↓ 予告編でやってたあのシーンが。 ↓ 予告編通りだった…。 …という感じで、予告編に惹かれて映…

「ジュラシック・ワールド」ラプトル萌え!サービス精神に満ちあふれた娯楽映画の最高峰

おもしろかった! 最高! 恐竜三昧、パニック三昧、最後には怪獣大決戦になって興奮が止まりませんでした。 何が素晴らしかったのか3つのポイントにまとめたので、「ジュラシック・パーク」という単語に反応しちゃう人はぜひ映画を見ていただきたいです。 ポ…

どうしても消えない学芸会感・映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」見てきました。 各所で相当叩かれているのは知っていたので、 「原作は読んでるけど、特に熱烈なファンではないのでこだわり全くなし! おもしろければOK!」 「映画は原作と別物、別物」 「作者から設定の改変の申し出があっ…

「おおかみこどもの雨と雪」イケメンなら狼でもモテる絶望

https://www.youtube.com/watch?v=vTj1-Bu4PWE 細田守監督の「時をかける少女」「サマーウォーズ」は好きで何度も見たことあったのですが、なぜか「おおかみこどもの雨と雪」だけは見るタイミングを逃しまくっていたのでHuluで鑑賞。 冒頭で主人公「はな」と…

10年分泣いた「インサイド・ヘッド」

映画「インサイド・ヘッド」を見てきました。 ラジオ「たまむすび」で映画評論家・町山智浩さんが大絶賛していたので期待しつつ、そしてあまりに期待しすぎて肩透かしにならないようにYahoo!映画の低評価コメントを見て高まる気持ちにブレーキをかけて見に行…

「映画クレヨンしんちゃん オラの引っ越し物語 サボテン大襲撃」80年代的B級モンスター映画を復活させた大傑作

https://www.youtube.com/watch?v=f7zAsrcUke4 メキシコに引っ越したら、サボテンが襲ってくる? なにそれ? …と、全く期待せずに見たら、めちゃめちゃおもしろくて驚いた! 80年代的B級モンスター映画を「クレしん」の世界でやり遂げた大傑作。 無駄キャラ…

ストーリーもよく分からず爆睡「劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士」

https://www.youtube.com/watch?v=MDAQjpBH9NM 息子と一緒に見みました。 平成ウルトラマンの知識が全くないから、ストーリーもよく分からず半分くらい爆睡。 やたら裸になる特訓シーンと意味不明すぎる恐怖克服は坂本監督らしかったですが、気がついたらエ…

まだ3月なのに今年ワースト1決定 「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記」

https://www.youtube.com/watch?v=bB8_vT25D08 まだ3月なのに今年ワースト1決定。スーパー駄作。 宇宙版「サボテン・ブラザーズ」というおもしろくなりそうな設定も序盤で崩壊。 展開遅すぎ、眠すぎ、敵が弱すぎ、終わり方ひどすぎ。 スネ夫が「危険だから地…

登場人物がバカだらけなエイリアン前日譚「プロメテウス」

https://www.youtube.com/watch?v=3x2Ufp4KaUI 評判悪いのを知ってたのでハードル下げてみたから楽しかったです。 確かに登場人物がバカだらけ(未知の惑星なのにヘルメット取る! すぐ触る! はぐれる!)だし、主人公があんな状態なのに走りまくり跳びまく…

ヒロインのエミリー・ブラントが素敵すぎて5兆点「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

エイリアンに人類が壊滅的に追い込まれている近未来の地球。 なぜか「死ぬと同じ日を繰り返す」能力を持った兵士(トム・クルーズ)が何度もトライ&エラーを繰り返しながら、エイリアンを倒す成長していくSF映画。 https://www.youtube.com/watch?v=2JA55-t…

清野菜名の“体当たり”演技が素晴らしい「TOKYO TRIBE」

「TOKYO TRIBE」見ました。 井上三太の人気コミック「TOKYO TRIBE2」の映画化で、架空の未来都市を舞台にストリートギャングの若者たちが抗争を繰り広げるというお話。 好き嫌いがすごく別れる映画だと思うけど、自分はすごくおもしろかった! 舞台が架空の…

良くも悪くも普通の子供向け映画「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」

2014年は「妖怪ウォッチ」に振り回された1年でした。 妖怪メダルの抽選販売に毎週並び、「映画 妖怪ウォッチ」に前売り券販売に並び、DX妖怪ウォッチ零式を手に入れるために並び、自分の人生でこんなに行列に並んだことはありません。 それもこれも息子が喜…

人生を狂わされた出木杉がかわいそう「STAND BY ME ドラえもん」

「STAND BY ME ドラえもん」見ました。 期待はあまりしないなかったのですが、「新・のび太の大魔境」と比べると非常に物足りなかったです。 物語の展開が丸わかりで退屈 原作でトップクラスの感動エピソード群を綺麗にまとめているのですが、本当に「まとめ…

クリエイターを目指す人向けのホラー映画「ばしゃ馬さんとビッグマウス」

シナリオライターを目指して、ばしゃ馬のように一生懸命シナリオを書き続ける独身、馬淵みち代が通うシナリオスクールで出会ったのは、まだ一度もシナリオを書いたことの無いのに、妙に自信のあるビッグマウスの天童義美だった。 学生時代から必死で書き続け…

劇場内で嗚咽号泣が響きまくった「アナと雪の女王」

「アナと雪の女王」を見に行きました。 劇場は超満員。女の子だらけ。 はっきり言って、ストーリー的には穴だらけです(アナだけに)。 王族の後を継ぐ姉が行方不明になり、残されたアナも1人で姉探しに行ってしまう無茶苦茶さ。 これで大ヒットなら「塔の上の…

チャニング・テイタムの脳筋っぷり最高「21ジャンプストリート」

ジョニー・デップの初主演作で出世作となった同名テレビシリーズを映画化。監督はフィル・ロードとクリストファー・ミラー、脚本はマイケル・バコール。主演は「マネーボール」のジョナ・ヒルと「G.I.ジョー」のチャニング・テイタム。全米で1億ドルを超える…

「平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊」

今年見た映画では「MOVIE大戦」級の駄作。 アクションがいくら良くても、脚本がいい加減すぎ&訳分からなすぎで全く入りこめず。 555とXに何の思い入れもないので、時間が経つのが恐ろしく長く感じられる映画でした。 一緒に見ていた息子も途中で飽きてウロ…

アクションかっこよすぎ、熱すぎ、爆発しすぎ「キョウリュウジャーVSゴーバスターズ恐竜大決戦」

「キョウリュウジャーVSゴーバスターズ恐竜大決戦」見に行きました。 脚本的には「鎧武&ウィザード」と大差ありませんが、アクションかっこよすぎ、熱すぎ、爆発しすぎで最後まであっという間でした。 ゴーバスターズのメンバーにひさびさ会えたのも嬉しか…

前日譚もの、そして青春映画として大傑作「モンスターズ・ユニバーシティ」

「モンスターズ・インク」のコンビの出会いを描いた前日譚。 前日譚ものというだけでたまりませんが、それ以上に青春映画として大傑作。 マイクの前向きさ、サリーが丸くなっていく過程、そして向き合わなければいけない現実の厳しさに途中から涙ザバー。 甘…

男子校出身者が映画「桐島、部活やめるってよ」を見て全くピンとこなかった話

映画「桐島、部活やめるってよ」見ました。 いろいろな日本の主要映画賞を総なめしたし、公開当時各所に話題になっていたし、「同じエピソードをいろいろな登場人物の視点で描く」という映画が大好物だし、とにかくめちゃめちゃめちゃめちゃ期待して見たので…

画面の密度と迫力に、脳内で失禁「パシフィック・リム」

すごいすごい最高すごい。 素晴らしい。 すごい。 イェーガーすごい。 怪獣すごい。 ストーリーやCGどうこう論じるのが無意味になる画面の密度と迫力。脳内で失禁。 特に香港地上戦は見てるだけで涙出てきました。 まいった。 スクリーンで見て本当に良かっ…

2015年に「スターウォーズ」エピソード7公開!ディズニーがルーカスフィルムを子会社化

ウォルト・ディズニー社は「スターウォーズ」などを手掛けた映画制作会社ルーカスフィルムを40億ドル(約3200億円)で買収すると発表しました。 今まで「スターウォーズ」はジョージ・ルーカスによる最もお金をかけた自主制作映画であり、映画会社のコントロ…

アン・ハサウェイがかわいすぎて物語に集中できなかった!「ダークナイト ライジング」の感想

クリストファー・ノーラン監督によるバットマンシリーズ最新作にして最終章「ダークナイト ライジング」を見てきました。 前作「ダークナイト」に衝撃を受け、思わず映画館でもう1回見てしまうほど好きだったので期待して見たのですが、大満足の出来でした。…

ティム・バートン最新作「フランケンウィニー」と1984年版「フランケンウィニー」

日本では年末公開予定のティム・バートンの最新作「フランケンウィニー」。 亡くなってしまった愛犬ウィニーを、飼い主が雷の電流でまさしく「フランケン」のように蘇らせて大騒ぎになってしまう…というお話です。 http://www.youtube.com/watch?v=TVv1epABU…

「猿の惑星:創世記」猿、猿、とにかく猿

「ミッション: 8ミニッツ」歴史は変えられないけど、犯人は捜せる!

https://www.youtube.com/watch?v=j8lCk2ef76E あらすじ 政府の極秘ミッションに従事する米軍のエリート、スティーヴンス大尉(ジェイク・ギレンホール)。彼に与えられた任務はシカゴで乗客全員が死亡した列車爆破事故の犯人を見つけることだった。事件解明…

「SUPER 8」グーニーズ+E.T×21世紀のCG

「グーニーズ」+「E.T」×21世紀のCG技術なSF(少し不思議)映画。 https://www.youtube.com/watch?v=20LzphoE4Pk 第二次性徴前の少年たちが、 自主制作映画を撮影して、 同年代の女の子は少し大人で、 宇宙人が出てくる …という映画がつまらないわけがない。…

「ハング オーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える」

あの愛すべき登場人物たちが再登場!再び記憶をなくす展開はまさに「まってました!」。アランのニートっぷり。食事会でのアランのスピーチ。タトゥー職人の携帯ムービー。寺院で叩かれる。ダンサーが実は◯◯◯だった。猿関係…などなど笑った。おもしろかった…

映画愛に溢れる素敵映画「僕らのミライへ逆回転」

謎の磁気により店内のレンタルビデオの中身が消えてしまったビデオ店。店員のマイクは友人のジェリー(ジャック・ブラック)と一緒に、店でレンタルしていた名作映画を自分たちで撮り直すのだが…というお話。 https://www.youtube.com/watch?v=1JV7ESBf4ZM …

光ってる一瞬を切り取った青春ドキュメンタリー「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」

僕の5億倍くらいがんばっている人たちが、『アイドル』という職業について語る2時間。 https://www.youtube.com/watch?v=EUapWZ8BMp4 ほとんどがインタビューで構成されているので派手さはまったくない。地味。でも一瞬を切り取った青春ドキュメンタリー映画…

勧善懲悪痛快王道ではない「がんばれ!ベアーズ」

町山智浩ポッドキャスト「『もしドラ』と『がんばれ!ベアーズ』を比べてみたら」を聴いて、そういえば見たことなかったので見た。 https://www.youtube.com/watch?v=k6FjgoreXFU 元大リーグ選手の監督が超弱小チーム「ベアーズ」をリーグ優勝に向けて導いて…

スポンサーリンク