読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ゴッドサイダー」連載の裏側、巻来功士「連載終了!少年ジャンプ黄金期の舞台裏」

1980年代後半の「少年ジャンプ」は子供だった僕にとって生活の中心でした。 「ドラゴンボール」「キン肉マン」「聖闘士星矢」「魁!!男塾」などなど夢中になって読みまくり。 そんな名作の影で異質な輝きを放っていたのが「ゴッドサイダー」。神と悪魔の戦い…

過去に戻ってケネディ暗殺阻止できるのか!? 泣けるSF、スティーヴン・キング「11/22/63」

主人公はあるきっかけで60年前にタイムトラベルできる「穴」の存在を知り、ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺を阻止するために過去のアメリカに行く。 …というあらすじだけだとよくあるSF、しかもスティーヴン・キングが今さら?と思いましたが、実際読んでみ…

本屋で本を探す時によくあるパターン

大型書店が好きなので目的もなくよく行きます。 Amazonは大好きですが、お気に入りの本屋が潰れても困るので可能な限りで書店で本を買おうと思ってます。 でも以下のパターン多すぎ。

髭男爵の笑顔に隠された闇 / 山田ルイ16世「ヒキコモリ漂流記」

前々から読みたくてKindleのセールを狙っていたら、なんと読み放題サービスのKindle Unlimitedにあってビックリ。 Kindle版でも1,100円する本なので、これ1冊で元が取れてしまった。 人生の序盤に絶頂期が来て産まれた独特な人生観 勉強もスポーツもトップ、…

1992年の「少年ジャンプ」巻頭カラーに自分のイラストが掲載された話

何年もずっと探していた「少年ジャンプ」をやっと手に入れることができました。 それは今から23年前の1992年39号。 表紙はつの丸「モンモンモン」です。 表紙をめくると巻頭カラーの「ダイの大冒険」、そしてその次に「SEGA ワンダーメガ ゲームキャラクター…

人生初のハロウィン体験は、ゆでたまご「ゆうれい小僧がやってきた!」

もう完全に日本に定着してしまったハロウィン。 なんでも昨年のハロウィンの経済効果は1100億円で、バレンタインの1080億円、ホワイトデーの730億円を抜いてしまったそうです。マジか…。 僕の息子(4歳)は生まれた時からハロウィンがそこら中にあるハロウィ…

「Dr.スランプ」木緑あかねと空豆タロウ&ピースケ兄弟がいとこだった

最近Kindleで「Dr.スランプ」を読んでいるのですが、今日初めて知った事実が。 木緑あかねと空豆タロウ&ピースケ兄弟がいとこだった! Dr.スランプ 第5巻より これって「Dr.スランプ」好きには常識なのでしょうか? 僕は全く知りませんでした。ショック。 …

「勉強しなさい」は禁止ワード!「自分からどんどん勉強する子になる方法」を読んでみた

たまたまKindleのセールで見つけたこの本。 著者はカリスマ小学校教師で「ひとりも落ちこぼれさせないこと」がモットーだそうです。 「2年後には息子も小学生だし、読んでみるか」と軽い気持ちで買ってみたのですが、おもしろすぎて一気読みしてしまいました…

タイトルに期待した人には辛い展開が… / 鈴木みそ・小沢高広「電子書籍で1000万円儲かる方法」

かなり前にKindleの100円セール時に買ったのをやっと読みました。 まずはタイトルが偽りあり過ぎ。 この本には 「電子書籍で1000万円儲かる方法」 は書かれてません。 「電子書籍で1000万円儲けた人によるマンガ業界のこれから話」 が正しいのでは? 僕は100…

もっと早く買えばよかった! Kindle Paperwhite(ニューモデル)を1週間使った感想

Amazonプライム会員だと4,000円引きで買えるということもあり、思い切ってKindle Paperwhite(以下Kindle)を買いました。 Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき 感想は… 最高! 買ってよかった! いや、もっと早く買えばよかった…

高野秀行「アヘン王国潜入記」 / 全然ハラハラドキドキしないけど楽しい!

かなり前に購入して積ん読状態だったのを読了。 ミャンマー(ビルマ)内でアヘン栽培が行われている村に滞在したノンフィクションです。 全然ハラハラドキドキしない! でも楽しい! タイトルの「アヘン」「王国」「潜入」を見ると 「命の危険を犯して、暗黒…

村上春樹「村上さんのところ コンプリート版」を10%読み終えてループに入っていることに気づく

今、村上春樹「村上さんのところ」を読んでいます。 「村上さんのところ」は期間限定の交流サイトに送られた質問に村上春樹が3か月半にわたって続けた回答をまとめた書籍で、僕が買ったのは電子書籍の「コンプリート版」。 書籍版は厳選された473問が掲載さ…

ひどいけど続きが気になる / 山本直樹「レッド 最後の60日 そしてあさま山荘へ」第2巻

自分が生まれる前の話ですが、連合赤軍の話が気になっていろいろ本を読んだり映画を見たりしてます。 「イブニング」で連載中の、連合赤軍の話を描いている漫画「レッド」の最新刊が発売されたので買ってすぐ読みました。 神の目線で読む「日本に革命を起こ…

「僕のヒーローアカデミア」第5巻を読んで、少年漫画のトーナメント戦について考える

ジャンプのバトル物の象徴といえばトーナメント戦。 「キン肉マン」の超人オリンピック、「ドラゴンボール」の天下一武道会、「幽遊白書」の暗黒魔界トーナメント、「魁!男塾」の天挑五輪大武會…などなど、トーナメント戦はジャンプ漫画では頻繁に扱われ、…

祝オープン&便利すぎて興奮!「Kindleストア」で電子書籍を買ってiPhoneで読んでみた

ついに日本でも10月25日からAmazonの電子書籍サービス「Kindleストア」がオープンしました! 電子書籍リーダー「Kindle」端末自体の発売は11月ですが、「Kindleストア」の電子書籍自体はiPhoneやiPadなど様々な端末で読むことができるので早速購入してみまし…

村上春樹「雑文集」に書かれていたビリー・ホリデイ「言い出しかねて」

トイレに村上春樹「雑文集」を置いてあって、少しずつ読んでいます。

横田増生「ユニクロ帝国の光と影」

あんなに身近な企業なのに、知らないことばかり。 快進撃の裏側、ZARAとの比較、社長がワンマン&最大株主なので後継者が育てられないことなど、おもしろすぎて「へぇー」「ほえー」と思いながら一気読み。今度ユニクロ行くときは間違いなく視点が変わっちゃ…

スマイリーキクチ「突然、僕は殺人犯にされた」

過去に何度もネットで「スマイリーキクチは某事件の関係者」という噂を見たことがあったが「ふーん」くらいしか思ってなかった。特に確証もないので半信半疑くらい。すぐ忘れてた。

若宮健「なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか」

パチンコは一切やらないが、パチンコ業界の話は興味ありまくりなのでフムフム読めた。 韓国の話は前半だけで、あとは読めば読むほどヘコむ日本の話ばかり。筆者はかなり強めのパチンコ反対者なので多少偏ってる感はあるけど、それをさっ引いてもテンション下…

安藤健二「パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)」

自分はパチンコを全くやったことないし、これからもやることはないと思うんだけど、この本のテーマである 「最近のパチンコ機はなんでアニメのタイアップものばかりなのか?」 というのはすごく気になってみたので読んでみた。 そしたら大当たり。おもしろす…

「踊る大捜査線」は日本映画の何を変えたのか

「踊る大捜査線」という作品が多くの人を映画館に呼び戻した「功」の部分と、テレビの延長線上でしかない内容の映画が量産されることになった「罪」の部分。 いろんな視点から「踊る大捜査線」公開後に邦画市場がどう変わったか分析されていておもしろくて一…

吉田正樹「人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う犬』プロデューサーの履歴書~」

「ひょうきん族」「夢で逢えたら」「やるならやらねば」「笑う犬の冒険」 …などなど、数々のヒット番組に関わった著者が、フジテレビ入社から退職まで振り返った一冊。 80年代後半から90年代前半のフジテレビのバラエティ番組は何もかもおもしろかった。 と…

有吉弘行「お前なんかもう死んでいる ~プロ一発屋に学ぶ50の法則~」

猿岩石ブレイクで4千万円手に入れてるが、ブームが去って一気に転落。 貯金を切り崩しながら収入ゼロで生活する数年間。 そして、「内村プロデュース」できっかけをつかみ、「おしゃクソ事変」で再ブレイクするまでをまとめた一冊。 有吉の芸人人生を振り返…

笑い飯全一冊

ちょっと前に買った「笑い飯全一冊」を読み終えた。

じゃん・ぽ~る西「パリの迷い方」

パリには過去に旅行で行ったことあるのでそれを思い出しながら読んでみたのだか、作者が男性&コジャレてないのでニヤニヤ笑いながらたのしく読めた。よいエッセイ漫画。 読んだ人がみんな「パリ住んでみたい」と思うのではないだろうか。

スポンサーリンク