読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田正樹「人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う犬』プロデューサーの履歴書~」

人生で大切なことは全部フジテレビで学んだ ~『笑う犬』プロデューサーの履歴書~

ひょうきん族」「夢で逢えたら」「やるならやらねば」「笑う犬の冒険」 …などなど、数々のヒット番組に関わった著者が、フジテレビ入社から退職まで振り返った一冊。

80年代後半から90年代前半のフジテレビのバラエティ番組は何もかもおもしろかった。 とりあえず8チャンネルに合わせておけばよかった。 そんなフジテレビ黄金期の歴史の裏側が読めることだけで嬉しく、あまりにおもしろすぎて一気読み。 特に「夢で逢えたら」の立ち上げと、事故で終了した「やるならやらねば」のくだりは興奮が止まらなかった。

ただ、筆者の「自分が」「自分が」アピールが多すぎだったのが残念。 もうちょっと控えてもらえたら歴史に残る一冊になったのになぁ。

  内容紹介(Amazonより

数々のフジテレビ人気バラエティ番組を手掛けてきた名プロデューサーが、波乱万丈のフジテレビ時代を振り返り、テレビへの熱い想いを明かす! バラエティ番組ファン、テレビ業界人、テレビ業界志望者、エンタテインメント業界従事者、そしてテレビを愛するすべての人間にとって必読の書!(四六判/全288ページ) ・『オレたちひょうきん族』の功罪とは? ・『夢で逢えたら』の奇跡的ユニットはどのように生まれたのか? ・『誰かがやらねば』の葛藤とは?『やるならやらねば』事故による終了の真実とは? ・至高のコント番組『笑う犬の生活』はどのように誕生したのか? ・『笑う犬』に賭けたウッチャンの想いとは? ・吉田班のスタープレーヤー、片岡飛鳥(『めちゃ×2イケてる!』)、小松純也(『笑う犬』)の活躍 ・なぜ、フジテレビを辞めたのか? +++内村光良(ウッチャンナンチャン)との対談収録 吉田正樹の“戦友”として苦楽を共にしてきたお笑い芸人・内村光良が、本書のために吉田正樹と対談。他のインタビューでは読むことができない、フジテレビと吉田正樹に対する熱くピュアな想いがほとばしる! +++横澤彪(「オレたちひょうきん族」プロデューサー)との対談収録 『THE MANZAI』『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』で、フジテレビバラエティの歴史を作り上げたカリスマプロデューサーにして吉田正樹の師・横澤彪の、辛辣で愛のあるフジテレビ&吉田評が炸裂。 +++ラリー遠田(おわライター)による主要番組解題 吉田正樹が手掛け、時代を飾ったフジテレビバラエティ厳選19本を、気鋭のライター・コラムニスト、ラリー遠田が解説!
スポンサーリンク