タイトルに期待した人には辛い展開が… / 鈴木みそ・小沢高広「電子書籍で1000万円儲かる方法」

電子書籍で1000万円儲かる方法

かなり前にKindleの100円セール時に買ったのをやっと読みました。

まずはタイトルが偽りあり過ぎ。 この本には 「電子書籍で1000万円儲かる方法」 は書かれてません。 「電子書籍で1000万円儲けた人によるマンガ業界のこれから話」 が正しいのでは? 僕は100円で買ったからよかったけど、タイトルから期待して定価で買った人は怒るんじゃないだろうか。

内容には同意、でも素人には参考にならない

内容はAmazonのKDP(Kindleダイレクトパブリッシング)界で知名度トップの鈴木みそ氏と小沢高広氏による対談。 マンガ業界の栄枯盛衰、KDP初期の話や、漫画のデジタル化の話など「ほほー」「へぇー」と思うところはたくさん。 出版業界が衰退している中、せっかくKindleで個人が出版できる時代なんだから漫画家はセルフプロデュースして生き残らなければいけない、という内容には同意。 でも、いざ「電子書籍を売る」という話なると、素人には全く参考になりません。

まず両氏の成功は、ネット上で知名度があった上での電子書籍展開だったということ。 そして電子化する原稿がすでにあったこと。 「これから漫画描いて電子書籍デビューするぞー!」 という人とはスタートする土俵が全く違います。

例えば、「電子書籍で売れるためにはSNSの活用が必須」という話では

フォロワー数が多い有名人はともかく、無名な人はどうすればいいのか? ↓ いいものを作っていれば必ず誰かが見つけれくれる。

という流れなので、「まぁ、そうなのかもしれないけど…」とモヤモヤした感じに。 1000万円儲かる予感は全くしてきません。

本のタイトルに期待した人には辛い展開

最後の最後で両氏による

「今、マンガで一発当てようなんて思っている人は、正直言ってセンスないよね(笑)。」 「クリエーターとしても商売人としてもセンスないですよね。」

という発言。 さらに、あとがきで「ゴールドラッシュでは、つるはしを売れ」の話を挙げて

「一発当てたヤツらが、さらに小銭稼ぎやがってという批判は甘んじて受けよう(笑)。」

とまで書かれているので、真面目にこの本を読んだ人にはかなり辛い展開が待っています。 これ読んでやる気になった人はいるのだろうか…。

スポンサーリンク