読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子連れで2泊3日旅行の反省点・改善点をまとめてみた

子連れ2泊3日旅行

先日、2泊3日で大阪・和歌山旅行に行ってきました。

想像を超える動物体験! 南紀白浜アドベンチャーワールドに行ってきた巨大オブジェだらけ! 道頓堀が大きく様変わりしていた話オシャレで快適! 羽田⇒関空でスターフライヤーに乗ってみた

我が家は子連れでの1泊旅行は何度もしているのですが、2泊は初めて。 旅行の途中で「ああしておけばよかった」と後悔したことがたくさんあったので今後の旅行のためにまとめました。

iPhoneの充電池をもっと大きなものを買っておけばよかった

僕は普段Ankerの充電池を持ち歩いています。これさえあれば2回くらいiPhoneを充電できるので日常生活では全く不自由していません。

[amazonjs asin="B00P8TDWUI" locale="JP" title="Anker® Astro E1 5200mAh 超コンパクト モバイルバッテリー 急速充電可能 iPhone / iPad / iPod / Xperia / Galaxy / Nexus 他対応 トラベルポーチ付属【PowerIQ搭載】(ホワイト) A1211022"]

でも旅行では違いました。 僕と妻で充電池を1回ずつ使うと電池残量は残りわずか、さらにカメラの充電(後述)にも使ってあっという間に残量ゼロ。あっという間にただの重いプラスチックに。

旅行にはもっとバッテリー容量の大きな充電池を持って行くべきでした。 次に旅行行くときはコレを買っていこうと思います。

[amazonjs asin="B011TQQ9RG" locale="JP" title="Anker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量 モバイルバッテリー パナソニック製セル搭載) iPhone / iPad / Xperia / Galaxy / Android各種他対応 マット仕上げ トラベルポーチ付属【PowerIQ & VoltageBoost搭載】 (ブラック)"]

カメラの予備電池を買っておけばよかった

SONY overseas-model ≪海外仕様(PAL/NTSC)≫α6000 Zoom lens Kit(Black) ILCE-6000L B JE3

僕はソニーのα6000というデジカメを使っています。 性能は大満足。でも電池の減りが早いのが唯一の難点。 今回の旅行で行ったアドベンチャーワールドで朝からパシパシ撮影していたら午後には電池が20%くらいになってしまって後半は電池残量との戦いでした。 α6000はUSB接続で充電できるので応急処置的にiPhoneの充電池に接続もしましたけど充電スピードも遅く焼け石に水。しかも充電中は撮影できないので全く役に立ちません。 長時間カメラを使う場合は予備の電池が必須というのを痛感したのでコレ買っときます。

[amazonjs asin="B00XQRK432" locale="JP" title="DSTE® アクセサリーキット NP-FW50 互換 カメラ バッテリー 2個+充電キット対応機種 Alpha 7 7R II 7S a7 a7R a7S a7R II Alpha a3000 a5100 a6000 NEX-3 NEX-5 NEX-6 NEX-7 SLT-A37 DSC-RX10 II"]

スーツケースが小さすぎた

TSAロック搭載 スーツケース キャリーバッグ FK21001 メッシュアーマーQueendom レイヴン(黒色系) S型(1~3日用) 国内/国際線持込可能

我が家が使っているスーツケースは飛行機で手荷物として持ち込める小さいサイズ。 新婚旅行に行った海外でロストバゲージしたトラウマから「もうなくしたくない!」と手荷物サイズにこだわっていたのですが、子供が産まれて荷物が倍増。スーツケースに入りきらなくなりました。 今回は衣類圧縮袋で服や下着を圧縮しまくって強引に押し込み。それでも入らない荷物はリュックに詰め込みました。 これからのことを考えると大型のスーツケースは必須ですね…。

ダブルベッドはもう限界

旅行の初日・和歌山では和室もベッドもあるめちゃめちゃ広いホテルに宿泊しましたが、2日目の大阪はただ寝るだけなのでビジネスホテルのダブルベッドルームで安く済ませることに。

僕の息子はもうすぐ5歳ということで体格も立派になってきました。 以前はダブルベッドに親子3人川の字で問題なく眠れましたが、息子の寝相が最悪でガンガン蹴りまくり。 あまりにひどくて眠れないので、僕だけ床に毛布を敷いて寝ました。悲しい…。背中痛かったです。 次からはツインにしないと厳しいと思います。

  以上が子連れ2泊3日旅行の反省点でした。 次はこれらを改善して快適な旅行にするぞー!

スポンサーリンク