読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年に「スターウォーズ」エピソード7公開!ディズニーがルーカスフィルムを子会社化

映画

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望 リミテッド・エディション [DVD]

ウォルト・ディズニー社は「スターウォーズ」などを手掛けた映画制作会社ルーカスフィルムを40億ドル(約3200億円)で買収すると発表しました。

今まで「スターウォーズ」はジョージ・ルーカスによる最もお金をかけた自主制作映画であり、映画会社のコントロールは受けないのが大きな特徴だったのですが、今後は作品もキャラクターもディズニーの管理下になります。

ディズニーがルーカスフィルム買収、スター・ウォーズ新作に着手

とにかくとにかく、この件で最大の驚きは、「スターウォーズ」エピソード7が製作されるということです!!!!!

スターウォーズ」はやっぱり9部作だった!?

僕が子供の頃、「スターウォーズ」は9部作と聞いていました。

スターウォーズ(新たなる希望)」「帝国の逆襲」「ジェダイの復讐(ジェダイの帰還)」は9部作の真ん中(エピソード4〜6)で、なぜアナキン・スカイウォーカーがダースベイダーになったのか描かれるエピソード1〜3の3部作、そして初代3部作のその後が描かれたエピソード7〜9の3部作が作られるという話にとてつもなくワクワクした記憶があります。 (結果的にエピソード1〜3はそのワクワクに応えられなかったのですが…)

しかしその後、ジョージ・ルーカスより スターウォーズは9部作ではなく6部作だ」 と公式に否定されました。 「スターウォーズ」はアナキンとルークの親子2代の物語であるとのこと。

本シリーズは、6部構成からなるサーガの形式をとっている。製作順第1作にあたるエピソード4が成功した後、9部作として発表されたが、エピソード6公開時のジョージ・ルーカスへのインタビュー時に否定され、公式見解では6部作ということになっている。(Wikipediaより)

これが、 「ごめんごめん! やっぱりスターウォーズは9部作だったよ! みんな見にきてねー!!(・ω<)」 となっちゃったわけです。

ズッコケそうになりましたが、やっぱりもう見られないと思っていた「スターウォーズ」の新エピソードが見られるのは嬉しすぎます。 エピソード1〜3は「アナキンがダースベイダーになっちゃう」というネタバレ状態だったので話の流れがある程度分かってる状態で見なければいけなかったのですが、新作はそういう縛りもないのでやりたい放題できるのではないでしょうか。 (監督もジョージ・ルーカス以外の誰かになりそう!?)

3年間ひたすら待ちたいと思います!

スポンサーリンク