読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【子連れで登山】4歳児と筑波山を登った時のポイントまとめ

我が家は半年に1回くらいのペースで4歳の息子を連れて山登りをしています。 今回は筑波山に登山へ行ってきたので、子連れで登山するという視点でポイントをまとめました。

何歳から筑波山を登られる?

tsukuba2

僕の息子は3歳の時に1回、そして4歳の今年で1回登りました。 3歳の時でもトラブルなく登れたので、健康的な3歳以上の子供であれば問題なく登山できると思います。

筑波山を登っていると、本当にたくさんの子供たちがいてテンション上がります。 (そして赤ちゃんを後ろに背負って登っている人もよく見かけます。すごい!)

子供の服装は?

[やる気満ち溢れる息子

うちはTシャツにパンツなど、保育園に行く格好と変わりませんでした。 靴も履きなれたスニーカーで大丈夫です。 あとは日差し対策に帽子をかぶればOK。 去年は子供の荷物を大人が持ちましたが、今回は弁当だけは本人のリュックに入れて背負ってもらいました。

あと山頂に着いた時のために一枚羽織れるものは必ず持っていってください。(後述)

子連れは「おたつ石コース」がおすすめ

昭和で時が止まっている感じがたまらないつつじヶ丘

筑波山には男体山頂と女体山頂の2つの山頂があり、どちらかを目指します。(もちろん両方とも行くことも可能) 子どもと一緒なら男体山と比べて緩やかな女体山頂を目指す「おたつ石コース」がおすすめ。

おたつ石コースは、つくば駅から出ているシャトルバスの終点「つつじヶ丘」からスタート。 コースの所要時間は公式サイト等によると「80分」とあります。 でもこれは大人が登った場合の時間なので、子供の足だとさらに時間がかかるのは確実。 我が家は山頂に着くまで2時間かかりました。

おたつ石コースの休憩ポイントは大きく2つあるので、水分や食料補給など効果的に使ってください。 (カップラーメンを作って食べている人もいました)

コースの後半は難易度アップ

tsukuba7

弁慶七戻り 後半は「弁慶七戻り」などのおもしろ巨石スポットが続出。 インディ・ジョーンズ的な冒険気分があって楽しいのと同時に、山の頂上が近づくにつれて岩が大きくなり難易度が上がっていきます。 大人でもバランスを崩しやすくなるので、子供はなおさら危険です。

両親が子供の前と後ろでサンドイッチして登ると安心なのですが、うちの場合は息子が「絶対に先頭じゃないといやだ」とゴネまくったので大変でした…。

頂上は激寒! 防寒装備を!

tsukuba5

山頂に近づくに連れてクーラーが効いているかのような涼しさが心地いいです。快適。 でも頂上に着くと一変。9月でも吐く息が白くなるほどの寒さになります。 汗をかいた体が一気に冷え込むので、ウインドブレイカーなど羽織れるものが必須です。

あまりに寒い場合はロープウェイ乗り場まで移動してください。気温が一気に戻ります。

帰りはロープウェイで楽ちん下山

tsukuba9

「登りも下りも歩いてこそ登山!」という人もいるかもしれませんが、子供の体力的なことを考えて帰りはさっさとロープウェイを使って帰ることをおすすめします。

ロープウェイの片道料金は大人600円。6歳未満の子供は無料で乗ることができます。 なんと所要時間たったの6分。 歩いてきた道のりを子どもと一緒に振り返るのも楽しいですよ。

子供の新たな一面を見られる登山

tsukuba4

筑波山は都心からのアクセスもよいのでおすすめ登山スポットです。 山登りはちょっと…という人は、ケーブルカーやロープウェイを使って楽々ハイキングなどもいかがでしょう?

子供と一緒に山を登ると大人でも息が切れそうな道のりをグイグイ進んでいくので、 「普段はすぐ弱音を吐くのに、山だと超ポジティブで頼もしいな…」 など、日常では気づかない成長をグッと感じます。 登山してみると子供の新たな一面を見ることができるかもしれませんよ。 次はどこの山に行こうかな…。

山登りABC	 はじめよう 親子登山

山登りABC はじめよう 親子登山

スポンサーリンク