ゾーッ! 既婚男性が震え上がる恐怖映画「ゴーン・ガール」

ゴーン・ガール (字幕版)

フィンチャー最高! 結婚している男性なら間違いなくゾッとする恐怖映画でした…。 ラストまで目が離せないおもしろさだったけど怖い。怖すぎる。勘弁してよ…。

※この映画のストーリーがネタバレを回避できない作りなので、ネタバレまくりです。

あらすじ

結婚5周年の記念日。誰もがうらやむような幸せな結婚生活をおくっていたニックとエイミーの夫婦の日常が破綻する。エイミーが突然姿を消したのだ。部屋は荒らされ、キッチンに残されたエイミーの大量の血痕から警察は他殺と失踪の両方の可能性を探る。憔悴した表情で行方のわからなくなった妻を心配する夫ニック、だが彼にも捜査の手が及び窮地に立たされる。妻エイミーに何が起きたのか――。

https://www.youtube.com/watch?v=TA7_p5MHNk4

ベン・アフレックの何も考えてない顔が最高

ベン・アフレック演じるニックの愛する妻エイミーが失踪。 いや、失踪したと思ったら、なぜか自分が殺人の容疑者に。 見に覚えのない殺人の証拠がガンガン出てきて、さらに浮気相手まで全国にバレるという訳の分からなさ。 ニックは最初から最後まで「え? なんで? なんか悪いことした?」とピンと来ないまま、すさまじい不幸の波に流されていきます。 このベン・アフレックの何も考えてない表情が素晴らしい。同情したくてもできないバカ(演技)っぷり。

計画通りにいかないおもしろさ

失踪したエイミーは、実は狂言だったことが物語中盤で判明。 ニックを殺人罪に陥れるためにかなり細かく計画を立てて実行していたことが分かります。 このネタばらしシーンの高揚感、最高!

しかしエイミーは身を隠していたホテルでチンピラカップルに金を取られ、(全く興味がない)元恋人の家で軟禁状態に。 途中まではうまくいっていた計画が次第に狂っていくのがリアルでおもしろいです。まさに人生。 「これ一体どうやって物語を終わらせるの?」と思っていたら、妻はとてつもない方法で失踪事件を自ら収束させます。

首スパーッ!

このシーンのかっこよさは異常。でも奥さん、初めての殺人にしては手慣れすぎじゃない!?

既婚男性には最高の恐怖映画

失踪事件、旦那の浮気、自ら招いた失敗すらも全て消化し、自己顕示のモンスターになるエイミー。 「ゴーン・ガール」の恐ろしいところは何も解決なく、そのまま物語が終わってしまうところ。 いや終わってないのが怖いんじゃない。 これからもニックとエイミーの結婚生活がずっと「つづく」のが怖い。 ゾーッ。

この映画のような無茶苦茶な事件は僕らの日常生活ではありませんが(そして今後もないことを願いたいですが)「ゴーン・ガール」で描かれている夫婦関係の根本的なものは結婚している人であれば誰しも経験したことがあるんじゃないでしょうか。 国や文化が違っても夫婦の姿は同じなのです。 未婚の男性がこの映画を見て結婚生活に失望することがありませんように…。

スポンサーリンク