読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

築き上げた信頼が崩れ去るのを見た「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」

映画

映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!

我が家ではオモチャとしての妖怪ウォッチのブームは去りましたが、アニメは引き続き見ているので鑑賞。 「エンマ大王と5つの物語だニャン!」は5つのストーリーで構成されていると知ってイメージしたのが「ドラゴンクエスト4」。それぞれの話の主役たちが最後の話で集結し、張られていた伏線が解消されるような物語であれば前作を超える傑作になるのでは。 前作「誕生の秘密だニャン!」は普通に楽しめたので期待していましたが、すぐに打ち壊されました。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=ttvdtGI1Ze0

話が5つに分かれている意味がない

「エンマ大王と5つの物語だニャン!」ではテレビ版に比べると笑いの要素を抑えめな、「インサイド・ヘッド」を見たあとでは鼻で笑ってしまうような「ちょっとハートウォーミングな短編」をひたすら見せられる苦行が続きます。 それぞれの物語は最終話にほとんど関係なく、最後だけで見ても全然問題ないくらいの関連性の薄さ。その最終話もバトルして終わるだけという空っぽっぷり。 最後の決着の付け方もひどくて、ケータやジバニャンなど主役たち放置でエンマ大王とぬらりひょんが戦って終わりという展開。がっくり。苦行の果てに、主役が活躍しない話を見せられるとは思いませんでした。

少なくとも「誕生の秘密だニャン!」は1つの大きな物語を描ききり、最後はテレビでは見られない映画ならではのカタルシスがありました。 今作では1つの物語を作れなくなったどころか、映画ならではの演出も、そして主役すらもいなくなり、残ったのは「新年の映画1本目でかなりひどい作品に当たった」「時間を無駄にした」という悲しい気持ちだけ。

築き上げた信頼が崩れ去るのを見た

笑いに溢れ、エンディングでは子供たちみんな踊っていた「誕生の秘密だニャン!」に比べ、「エンマ大王と5つの物語だニャン!」は最初から最後まで静かな劇場。 僕の隣りに座っていた小学生たちが 「前のほうがおもしろかったな…」 と言っていたのが印象的でした。

ブームも沈静化した現在、これからは地道に「妖怪ウォッチ」というコンテンツを丁寧に育てていかないといけない時期だと思います。 でもこのような作品を公開してしまって、しかもヒットしている状況では改善されることもないでしょう。 残念ながら「妖怪ウォッチ」は終了です。

スポンサーリンク