読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「猿の惑星:創世記」猿、猿、とにかく猿

映画

Ape01

http://www.youtube.com/watch?v=U7rGu-GKZmE

あらすじ

父のアルツハイマー認知症を治そうと薬物研究者のウィル・ロッドマンはそのための新薬を開発、実験台としてそれをある雌猿に投与したが、実験は失敗し、雌猿は凶暴化した末に死亡。その後、ウィルはその雌猿が死ぬ前に産んだ仔猿を引き取りシーザーと名付けて育てる事にした。シーザーは成長するにつれ驚異的な知性を発揮していくが、ある日、隣人とトラブルを起こしたウィルの父を守ろうとしたシーザーは隣人を襲ってしまい、それが原因でランドン親子が経営する霊長類保護施設に送られてしまう。だが、シーザーはそこにいる普通の猿達とは馴染めず、しかも横暴なランドン親子の度重なる虐待を受け、人間そのものに対して深い失望感と憎悪を抱くようになる。お金を出してシーザーを取り戻そうとしたウィルの迎えも拒んでしまう。やがて密かに施設を脱走したシーザーはウィルの家からその薬を大量に盗み出し、それを施設中の猿に与えた。そしてシーザーは同じく高い知性を得た他の猿達を率いて革命を起こす。(Wikipediaより)

なぜ地球が「猿の惑星」になってしまったのか。そのはじまりを描く作品です。

猿、猿、とにかく猿。

おそらく映画史上これほど猿が出る映画はなかったのでは…というくらい最初から最後まで猿出まくりです。 猿が嫌いな人は後半の展開を見ると倒れちゃうのではないでしょうか。 CGで動きまくる猿の群れが、とにかく圧巻。おもしろくない、おもしろくない、を通り越してます。猿すごい。

Ape02

主人公が育てる天才チンパンジー「シーザー」がネットでたまに見かけるムキムキのチンパンジーあのまんま。見るからにやばい。キモすぎ。 でも、人間を超越した何か、というのには説得力ありまくりでした。

Ape09

[caption id="attachment_642" align="alignnone" width="240" caption="↑ネットでたまに見かけるムキムキのチンパンジー"][/caption]

人間の陰薄すぎ…しかし

Ape07

一応主役のジェームズ・フランコは影薄すぎ、活躍しなさすぎ。父親アルツハイマーを治したいという願いが、偶然にも猿の進化に手を貸してしまうのですが、後半はただ単に猿大暴れを眺めているだけ。 でもヒロインのキャロライン役のフリーダ・ピントーはすごくかわいかったです。調べたら「スラムドッグ・ミリオネア」のヒロインの子でした。

Ape06

猿の惑星」という映画は有名すぎてネタバレされまくっちゃってますし、この映画も 「猿が地球を征服するまでを描く」 というのが分かっちゃってるというかなりのバレバレの作り手としては不利な状態で、最後まで見る側を飽きさせずに物語を見せちゃうパワーは拍手だと思います。 (猿が嫌いじゃない人には)おすすめです!

スポンサーリンク