読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっぱいバレー

映画

oppaiv

綾瀬はるかが脱ぐわけない」
「でも、もしかしたら…」
という興味だけで内容には全く期待していなかったのだが、意外にもすごくよくできた青春映画だった。最後の試合シーンで涙ザバー。タイトル通りだけどタイトルで損してるなぁ。

綾瀬はるか演じる先生が聖人に描かれていないのがポイント高かったな。
保身に走ったり、大人だから恋愛もしてる。それが後半の展開に生きてくる。
子供達もバカでずるくて純真無垢な感じに描かれていないのが、すごくリアルでよかった。
まいった。いい映画。

スポンサーリンク