読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジンかかる前に終わった感じ「松本人志のコント MHK」

テレビ

松本人志のコント MHK 通常版 (『動かない時計』ジャケット仕様) [DVD]

どれだけ時代が変わっても、若手芸人が活躍しても、松本人志に対する気持ちは特別だ。 多感な時期をダウンタウンに捧げたと言っても過言ではない自分にとって、「大日本人」も「しんぼる」も劇場で見た自分にとって、今回の9年ぶりのコントのニュースは興奮しまくり。

どんな結果になろうと、きちんと見届けるのが松本信者の義務! ということで見た。

ダイナミックアドベンチャーポータブル

通販で買った「ダイナミックアドベンチャーポータブル」を組み立てる話。 ちょっと喋りすぎな気がしたけど、「エレファンティックチューブ」とか謎のパーツの名前だけで楽しい。 完成後、笛が鳴ってるのが笑った。

劇的ビUFOアフター

「劇的ビフォアアフター」のパロディ。 ただ、パロディといっても舞台はUFO。出てくるのは宇宙人。バカすぎで、それを真面目に演じるおかしさ。 小ネタがいちいちおもしろく、檻の中の地球人や、星の名前のペナントや、最後のライトセーバーとか最高だった。

わたしは幽霊を見た!

週刊青年誌の巻末に載ってる漫画のような内容。 妻役の平岩紙がよい。

答辞

逆に。松本ってこういう感じの好きだよなぁ。

全体の感想

あまり期待せずに見たので思ったほど悪くなかったが、コントがひさしぶりすぎてエンジンかかる前に終わった感じ。 とにかく松本の勘を取り戻すために月1回放送とかでやるのはどうだろうか。いや、やってほしい。

スポンサーリンク